きつねにつままれた?   

今月はもっと楽なハズだったのに、なぜか毎日バタバタしております。でも、できるだけストレスを減らすためにオフィスで過ごす時間を減らしたり、なるべく他の人にアタらないように気をつけています・・・が・・・前にもいろんな方にこぼしていた同じオフィスにいる「オバちゃん」・・・同じ系列の別会社ではありますが、やはり今月で解雇。 なので今月は得に(?)きげんが悪いとイライラをまき散らかす。ワタシはこーゆーのがウツると非常に腹が立つので(なんでワタシまでイライラせなあかんねん?)そんな空気になるとオフィスを出ます。(ん?余裕?)

先週は得にオバちゃんの「ご機嫌ナナメ」がピークの様子でしたのでワタシは出勤の時間帯をずらしていました。自分の用事とかをすませてから会社にでていたし、クリスマスショッピングやら銀行に行く用事などもあったし。そんなある朝、会社に一番近い銀行の支店に行きました♪ ついでにBeverly Hillsのお店とかでWindow Shoppingもできるし~。(注:見るだけざんす) ちょろっとWilliams-Sonomaを見物してから店をでてものの1分。見知らぬインド人のおっちゃんに声をかけられました。

得にアヤシイ雰囲気ではなく、ふと立ち話になってしまいましたが、この人はどうやらヨギらしい。手に持っていたメモ用紙にさらさらと何か書き始めて、その紙を丸めてワタシの手のひらに置く。「これを持っていなさい。」と言われ、そのとおりにして、生まれた年やら好きな色やら聞かれました。別に嘘をつくようなアレでもないので素直に答えました。(注:ワタシはアメリカ人からは若く見られます。)答えをさらに別のメモ用紙に書き、「手の中にある紙を開いてごらん」と言われました。ワタシの言ったことがその丸まったメモに書かれている!

手におかれたメモはまだ何も話す前に渡されたものでした。びっくり!だってあったこともない人ですよ。とにかく、不思議な体験でしたが、もともとそのおっちゃんに声をかけられたのはたしか「君は良い相がでているね」とかでした。「来年、良いことがあるよ」とも言われて何やらポジティブなエネルギーに囲まれた雰囲気でした。どうして声をかけられたのかな?どうして立ち止まってしまったのかな?と思ったのも確かですが・・・

何やら不思議な一日でしたが、貴重な体験をしたようなかんじです。自分は「今」しか見てない部分があり、「次の仕事」まで考える余裕すらまだなかったのですが、なんとなく(?)良いことがあるのでは?←どっからこんな考えがでるんでしょうかね?(笑) ま、そんなこんなで「あれは不思議な日だった」と思いつつ、一週間ほど経過。今日も不思議な出来事がありました。

同業者のお客さん(うちより小さい規模で会社を運営)からTelがありました。Telはその社長さんからでした。たまたま先週だかにそこの担当の人とお話をしていて「ワタシ今月までなのでもうお手伝いできないけどたぶん同じような業界にまた入るだろうからまたどこかで仕事のつながりがあるかもしれませんねー。」などと軽く話していたのです。この会社にはうちでは扱えないクライアントなどをたまに紹介していたし、Telでは頻繁にお話をしていました。そこの社長さんが「一段落したらうちの会社に遊びにいらっしゃい。今は空きとかはないんだけどとにかく一度おいで」と声をかけてくださいました。捨てる神あれば拾う神あり?(笑)ご縁があるかはまだ分からないけど、声をかけていただけるだけでもちょっと嬉しいです。来年はいいことがあるといいなぁ!自分でも努力しないと♪
[PR]

by kitsunechan | 2004-12-28 01:59 | ひとりごと

<< 大雨と日ごろの感謝の気持ち ちょこれーと >>